RYO CHIKATANI 近谷涼 自転車競技 トラック レース 社員アスリート 支援選手 三和ホールディングス株式会社
近谷涼ブログ

原点

2020/01/14
年末に実家のある富山県に帰省しました。そして、母校である富山県立氷見高等学校に練習に行きました。高校を卒業してから約9年という月日が経過していますが、毎年のように母校には顔を出して練習させてもらっています。
高校での3年間は、肉体的にも精神的にも一番大きく成長した時期でした。それくらい中身の濃い3年間を過ごし、もがき苦しんだ思い出があります。大学時代もプロとして活動している今も、この3年間の経験が生かされています。

自転車選手として活動している今、自転車に乗りながら喜怒哀楽を感じ、ときには壁にぶつかり悩んで行き詰まることもあります。そんなときは、母校の練習に参加して若くて元気な高校生と練習することで、高校の頃のようにがむしゃらに自転車を乗っていたことを思い出します。

人生にはターニングポイントがあり、私は高校時代にあったと思っています。
自転車選手になることを決めた高校時代、母校には自転車選手を引退するときまでお世話になります。

▲母校のトレーニングルーム

コメント

コメントはありません