RYO CHIKATANI 近谷涼 自転車競技 トラック レース 社員アスリート 支援選手 三和ホールディングス株式会社
近谷涼ブログ

世界選手権

2019/03/01
 2月27日~3月3日までポーランドはプルシュクフで開催された、2019年トラック世界選手権に出場した。昨年に続き2回目の出場で、昨年の9位という成績を上回ることを目標に大会に臨んだ。

レースの4日前にオーストラリアからポーランドに移動してきて、日に日に時差ボケも解消され調整は良かった。レース当日、チームの作戦は直前のオーストラリア合宿で試みた前半からハイペースで走ることを実行し、序盤は速いタイムを刻みながら走った。しかし、中盤から後半にかけて大きくタイムを落とし、4分2秒008で12位という、昨年よりもタイムも順位も落ちた結果だった。レース後は僕も含めて、チーム全員が力を出し切り、ベストを尽くし、悔いはないと答えた。あれから1年間練習してきて、結果が伸びてないという現実になかなか気持ちの整理がつかない自分がいた。

僕たちも成長しているが、他の国はもっと成長しているのか、それとも僕たちが成長していないだけなのか、いろいろと自問自答してしまう。今回の世界選手権の結果を受けて、4㎞チームパーシュートでの東京オリンピック出場がかなり厳しい状況になった。しかし不可能な訳ではない。考えていてもどうしようもない、少しずつでも前を見て進んで行かなくてはならない。納得いくまで挑戦する。

この記事にコメントする

名前必須
メールアドレス
表示はありません。連絡が必要な場合のみ入力してください。
タイトル必須
コメント必須
添付画像